子どものムダ毛を医療レーザー脱毛してもいいのですか?

子どものレーザー脱毛はいいのか?


お子様のムダ毛が濃いことに気が付くのは、大概お母さんです。

しかも自分も毛深い、、、

お母さんも毛深かったのでその事で悩み、時にはいじめられた経験があると自分の子ども同じことで嫌な思いをするのかと心配し、自分に似てしまったせいだと落ち込んでしまうのです。


そこでそんな思いをさせたくない 何とかしてあげたいと子どもの永久脱毛をと考えるのですが

毛根が成長しきってない段階で医療レーザーで永久脱毛しても


その後にまた毛根が成長するとせっかくの脱毛がムダになる事(またやらなければならくなる。)になってしまいます。費用もかかる事ですし18歳以上になり成長期を過ぎた後のやるのが効果的で良いでしょう


「毛深いのは病気じゃないから気にする必要はない!」

なんていう慰めの言葉だけでは まったく意味が無いような場合はクリニックで相談してみましょう


モチロン未成年の場合保護者の承諾は必要です。


適切な時を見計らって、気持ちよくキレイに医療レーザー脱毛できるように今から
「医療レーザー脱毛積み立て貯金」をするのも良いかもしれませんね



医療レーザー脱毛を語る上では、医療レーザー脱毛の原理を知ることはがまずその第一歩です。また毛、体毛の毛周期を考えることでも医療レーザー脱毛の安全性を知る上でも重要である。


医療レーザー脱毛が脱毛の歴史を変えたともいえるゆえんは顔の脱毛など安全性が問われる脱毛箇所、


例えば生え際 眉下など ひげ(男性だけでなく女性もひげ(ヒゲ)は実は生える)顔だけじゃなく ビキニラインはモチロン、IラインVラインなどのデリケートな範囲も安全が大事なことは言うまでもないでしょう

さらに白魚のような指にする為の指毛(ゆび毛)の処理、つまり指毛脱毛「手の甲(こう)も含む」小さな範囲の永久脱毛『わきの下に生えている腋毛(ワキ毛 わき毛)も永久脱毛をもっともしたい小さい脱毛範囲も当然含む』です。


医療レーザー脱毛がこれからの基本的な無駄毛脱毛をする基本的な方法となり定着していくと、大人だけでもなく 小学生くらいの小さな子供(こども)無駄毛(むだ毛)脱毛も手早く一瞬でするような時代になったとしたら


思春期に無駄毛で悩む子も毛深いことでいじめられる子もいなくなり、毛深くて悩むという女性の悩みが解決し、きっと今後もムダ毛脱毛の歴史をさらに発展していくも可能な王道の脱毛方法として担っていくことでしょう。


CmsAgentTemplate1001-1005 var1.007