顔、またはその周囲などの医療レーザー脱毛の安全性

顔、またはその周囲などの医療レーザー脱毛の安全性


顔の周囲の医療レーザーの照射する場合、必ず目デリケートな部分はゴーグルなどでしっかりとガードするので心配は要りませんとても安全です。

額、襟足、モミアゲなどの生際の頭髪部分は毛がしっかりしていて、密集しているので(色も黒く)レーザーが集中して吸収されやすく、痛みがやや強く感じるのでレーザーの出力を抑えながら徐々に慣らしていくことで、対処できます。

顔やその周囲はワキや足腕などと違い、常に外部にむき出しであるので、どうしても目立つ部分でもあるのでより心配な部分ではありますが、安全ですので大丈夫です。


それよりも

眉毛、額、モミアゲの形、デザインの決定はくれぐれも慎重に、

1度医療レーザー脱毛をして永久脱毛してしまってからは脱毛した部分のを必要とするデザインは2度とできなくなってしまうのですから、、

その時の流行だけで脱毛してしまうと、後で後悔するかもしれないので(流行が変わって)
明らかに必要としないエリアの毛だけレーザーの照射をするのが良いと思います。



医療レーザー脱毛を語る上では、医療レーザー脱毛の原理を知ることはがまずその第一歩です。また毛、体毛の毛周期を考えることでも医療レーザー脱毛の安全性を知る上でも重要である。


医療レーザー脱毛が脱毛の歴史を変えたともいえるゆえんは顔の脱毛など安全性が問われる脱毛箇所、


例えば生え際 眉下など ひげ(男性だけでなく女性もひげ(ヒゲ)は実は生える)顔だけじゃなく ビキニラインはモチロン、IラインVラインなどのデリケートな範囲も安全が大事なことは言うまでもないでしょう

さらに白魚のような指にする為の指毛(ゆび毛)の処理、つまり指毛脱毛「手の甲(こう)も含む」小さな範囲の永久脱毛『わきの下に生えている腋毛(ワキ毛 わき毛)も永久脱毛をもっともしたい小さい脱毛範囲も当然含む』です。


医療レーザー脱毛がこれからの基本的な無駄毛脱毛をする基本的な方法となり定着していくと、大人だけでもなく 小学生くらいの小さな子供(こども)無駄毛(むだ毛)脱毛も手早く一瞬でするような時代になったとしたら


思春期に無駄毛で悩む子も毛深いことでいじめられる子もいなくなり、毛深くて悩むという女性の悩みが解決し、きっと今後もムダ毛脱毛の歴史をさらに発展していくも可能な王道の脱毛方法として担っていくことでしょう。


CmsAgentTemplate1001-1005 var1.007