医療レーザーの光は皮膚ガンになる恐れはないの?

医療レーザーによる身体のダメージや害がないか不安な方はとても多いです。


光の一種のレーザー自体にはレントゲンの放射能のような害はないのです。

だとしたら、「光ならば皮膚ガンになる恐れがあるのでは?」と心配する方もいます。

皮膚ガンの原因になる光は紫外線でレーザーの光は赤外線に近いので、その心配は要らないでしょう


あまり心配しすぎて疑心暗鬼なるのはどうかなと思いますが、

やはり自分の大事な身体(お肌)のことですから慎重に対応し検討する姿勢は大切です。


そして最終的にご自身で納得いく判断すると良いかと思います。




医療レーザー脱毛を語る上では、医療レーザー脱毛の原理を知ることはがまずその第一歩です。また毛、体毛の毛周期を考えることでも医療レーザー脱毛の安全性を知る上でも重要である。


医療レーザー脱毛が脱毛の歴史を変えたともいえるゆえんは顔の脱毛など安全性が問われる脱毛箇所、


例えば生え際 眉下など ひげ(男性だけでなく女性もひげ(ヒゲ)は実は生える)顔だけじゃなく ビキニラインはモチロン、IラインVラインなどのデリケートな範囲も安全が大事なことは言うまでもないでしょう

さらに白魚のような指にする為の指毛(ゆび毛)の処理、つまり指毛脱毛「手の甲(こう)も含む」小さな範囲の永久脱毛『わきの下に生えている腋毛(ワキ毛 わき毛)も永久脱毛をもっともしたい小さい脱毛範囲も当然含む』です。


医療レーザー脱毛がこれからの基本的な無駄毛脱毛をする基本的な方法となり定着していくと、大人だけでもなく 小学生くらいの小さな子供(こども)無駄毛(むだ毛)脱毛も手早く一瞬でするような時代になったとしたら


思春期に無駄毛で悩む子も毛深いことでいじめられる子もいなくなり、毛深くて悩むという女性の悩みが解決し、きっと今後もムダ毛脱毛の歴史をさらに発展していくも可能な王道の脱毛方法として担っていくことでしょう。


CmsAgentTemplate1001-1005 var1.007