脱毛用医療レーザーとして最初に導入されたレーザー

最初に脱毛用医療レーザーとして最初に導入された医療レーザーはアレキサンドライトレーザーです。

アレキサンドライトレーザーはアメリカで開発された後日本にも脱毛用の医療レーザーとして普及された。

たくさんの患者に実際に使用した結果、狭い範囲に高密集している男性のヒゲ、レーザーが吸収できない色の細い産毛には効果が少ないのが判ってきた結果、そのような体毛、状況にも有効なレーザー機器が進歩し新しい脱毛用医療レーザー(ダイオードレーザーなど)が開発されより脱毛効果が得られるようになった。

レーザー脱毛を重ねた経験を持つ医師も増え、今後もレーザーの改良は更に進むでしょう。

まだ医療レーザー脱毛の歴史は始まったばかり、ということですね




医療レーザー脱毛を語る上では、医療レーザー脱毛の原理を知ることはがまずその第一歩です。また毛、体毛の毛周期を考えることでも医療レーザー脱毛の安全性を知る上でも重要である。


医療レーザー脱毛が脱毛の歴史を変えたともいえるゆえんは顔の脱毛など安全性が問われる脱毛箇所、


例えば生え際 眉下など ひげ(男性だけでなく女性もひげ(ヒゲ)は実は生える)顔だけじゃなく ビキニラインはモチロン、IラインVラインなどのデリケートな範囲も安全が大事なことは言うまでもないでしょう

さらに白魚のような指にする為の指毛(ゆび毛)の処理、つまり指毛脱毛「手の甲(こう)も含む」小さな範囲の永久脱毛『わきの下に生えている腋毛(ワキ毛 わき毛)も永久脱毛をもっともしたい小さい脱毛範囲も当然含む』です。


医療レーザー脱毛がこれからの基本的な無駄毛脱毛をする基本的な方法となり定着していくと、大人だけでもなく 小学生くらいの小さな子供(こども)無駄毛(むだ毛)脱毛も手早く一瞬でするような時代になったとしたら


思春期に無駄毛で悩む子も毛深いことでいじめられる子もいなくなり、毛深くて悩むという女性の悩みが解決し、きっと今後もムダ毛脱毛の歴史をさらに発展していくも可能な王道の脱毛方法として担っていくことでしょう。


CmsAgentTemplate1001-1005 var1.007