医療レーザー脱毛の施術が終わってからの注意点


医療レーザー脱毛の施術が終わってからの注意点


1 週間ほどは直射日光を避ける

医療レーザー脱毛後の肌は極軽い火傷(ヤケド)(日焼けしたような)状態なので日焼けすることは避け、強い紫外線(直射日光)にはあたらないようにします。外出時にはレーザー照射した部位は極力隠れる服を着てください
露出しやすい部位は紫外線防止効果のあるクリ-ムを塗りましょう


2 強い刺激を与えない

肌(皮膚)に強い刺激を与える事は避けます。
医療レーザー脱毛した肌を掻きむしる、強く叩くなどはしないことはモチロン

肌の血行が良くなる事も刺激の1つなので飲酒やサウナ、マッサージなども避けましょう

3 入浴(湯船につからない)を避ける

レーザー脱毛後の皮膚内部はまだ熱がこもっているので、暖めない方がいいので、湯船(浴槽)には入らないで下さい
浴槽には目では確認できないほどの雑菌などもいます。
衛生的点からも、シャワーなどで軽く身体を流す程度にして置きましょう

タオルやスポンジで強くこするなどもしないようにしましょう

4 他の脱毛処理をしない

次回の医療レーザーの照射のまでの間に体毛の処理はしないほうが良いですが、する場合は剃るもしくは切るなどで抜く事はしないようにする



医療レーザー脱毛を語る上では、医療レーザー脱毛の原理を知ることはがまずその第一歩です。また毛、体毛の毛周期を考えることでも医療レーザー脱毛の安全性を知る上でも重要である。


医療レーザー脱毛が脱毛の歴史を変えたともいえるゆえんは顔の脱毛など安全性が問われる脱毛箇所、


例えば生え際 眉下など ひげ(男性だけでなく女性もひげ(ヒゲ)は実は生える)顔だけじゃなく ビキニラインはモチロン、IラインVラインなどのデリケートな範囲も安全が大事なことは言うまでもないでしょう

さらに白魚のような指にする為の指毛(ゆび毛)の処理、つまり指毛脱毛「手の甲(こう)も含む」小さな範囲の永久脱毛『わきの下に生えている腋毛(ワキ毛 わき毛)も永久脱毛をもっともしたい小さい脱毛範囲も当然含む』です。


医療レーザー脱毛がこれからの基本的な無駄毛脱毛をする基本的な方法となり定着していくと、大人だけでもなく 小学生くらいの小さな子供(こども)無駄毛(むだ毛)脱毛も手早く一瞬でするような時代になったとしたら


思春期に無駄毛で悩む子も毛深いことでいじめられる子もいなくなり、毛深くて悩むという女性の悩みが解決し、きっと今後もムダ毛脱毛の歴史をさらに発展していくも可能な王道の脱毛方法として担っていくことでしょう。


CmsAgentTemplate1001-1005 var1.007