医療レーザー脱毛の原理を知ろう!医療レザー脱毛の仕組み そのメカニズム

医療レーザー脱毛の原理を知ろう!
医療レザー脱毛の仕組み そのメカニズムなどと言うと大げさで難しそうですが、簡単に捕らえましょう


医療レーザー脱毛はレーザーの力(熱)でムダ毛の毛根部の破壊をし、脱毛するのと同時に体毛の再生を出来なくし永久脱毛する


レーザーを脱毛したい皮膚の脱毛箇所(例えば、わき毛なら脇の下)に照射し、脱毛したいムダ毛(体毛)のメラニン色素がレーザーを吸収すると発熱し破壊される

メラニンは表皮のホクロや毛穴にある毛母細胞にも含まれているので、ムダ毛自体のみでなくメラニンが含まれた細胞も壊す事ができる。

※毛母細胞は皮膚の中にあるがレーザーの光が皮膚表面を通り抜けて吸収される


ムダ毛(体毛)の毛母細胞、毛乳頭、毛根がレーザーによりダメージを受け破壊されればムダ毛の再生は2度と出来なくなる、すなわち永久脱毛される。

完全に破壊されなくてもダメージを受ける事で生えてくる毛は細くなり、産毛のような目立たない毛になる。


もっと医療レーザー脱毛理論を極簡単にすばやく説明すると

1 レーザーを照射

2 レーザーが黒い色つまりムダ毛に吸収

3 ムダ毛に吸収されたレーザーの熱がムダ毛を伝わり孟母細胞にダメージを与える

4 結果ダメージを受けた毛根がムダ毛の再生が出来なくなる。

つまり脱毛(永久脱毛)する訳です!


簡単ですよね?



医療レーザー脱毛を語る上では、医療レーザー脱毛の原理を知ることはがまずその第一歩です。また毛、体毛の毛周期を考えることでも医療レーザー脱毛の安全性を知る上でも重要である。


医療レーザー脱毛が脱毛の歴史を変えたともいえるゆえんは顔の脱毛など安全性が問われる脱毛箇所、


例えば生え際 眉下など ひげ(男性だけでなく女性もひげ(ヒゲ)は実は生える)顔だけじゃなく ビキニラインはモチロン、IラインVラインなどのデリケートな範囲も安全が大事なことは言うまでもないでしょう

さらに白魚のような指にする為の指毛(ゆび毛)の処理、つまり指毛脱毛「手の甲(こう)も含む」小さな範囲の永久脱毛『わきの下に生えている腋毛(ワキ毛 わき毛)も永久脱毛をもっともしたい小さい脱毛範囲も当然含む』です。


医療レーザー脱毛がこれからの基本的な無駄毛脱毛をする基本的な方法となり定着していくと、大人だけでもなく 小学生くらいの小さな子供(こども)無駄毛(むだ毛)脱毛も手早く一瞬でするような時代になったとしたら


思春期に無駄毛で悩む子も毛深いことでいじめられる子もいなくなり、毛深くて悩むという女性の悩みが解決し、きっと今後もムダ毛脱毛の歴史をさらに発展していくも可能な王道の脱毛方法として担っていくことでしょう。


CmsAgentTemplate1001-1005 var1.007