医療レーザー脱毛の日本での認識、認知度あなたにとっての永久脱毛って言うと何?


医療レーザー脱毛の日本での認識、認知度はどのくらいでしょう?


あなたにとっての永久脱毛って言うと何でしょうか?

日本ではまだ医療レーザー脱毛の普及は低く正しい認識がされていなく誤解している人も多いいです。

医療レーザー脱毛の発祥のアメリカでは一般的な脱毛方法として定着しています。


日本ではそもそも脱毛、ムダ毛の処理というと、どちらかというとエステサロン、エステティックサロンで行うのが一般的で

医療機関、クリニックで処理を行う方は少ない現状がありました。

なぜかといえば広告です。

そもそも医療は人の生命・身体に関わるサービスなので、不適当な広告などを見て誘引され、サービスを受け被害が出た場合、他の分野に比べ問題が著しいことと

医療は極めて専門性の高いサービスであり、患者1人1人にケースバイケースで対応される為

広告の受け手はその文言から提供される実際のサービスの質について事前に判断することが非常に困難なので医療機関は広告の規制があり自由に宣伝をすることが出来なかったのです。


それのような規制がないエステでは魅惑な広告をバンバン出していたので、エステサロンで永久脱毛を試みた方も少なくないでしょう。


そのような過去の経緯から未だに永久脱毛は大変で死ぬ思い(笑) という認識が払拭されていないようです。


最近ではだんだんと医療レーザー脱毛の認識も浸透してきてはいますが

過去の根付いたイメージのままで
医療レーザー脱毛による永久脱毛についての認識が誤ったままの方がいるのかもしれません



医療レーザー脱毛を語る上では、医療レーザー脱毛の原理を知ることはがまずその第一歩です。また毛、体毛の毛周期を考えることでも医療レーザー脱毛の安全性を知る上でも重要である。


医療レーザー脱毛が脱毛の歴史を変えたともいえるゆえんは顔の脱毛など安全性が問われる脱毛箇所、


例えば生え際 眉下など ひげ(男性だけでなく女性もひげ(ヒゲ)は実は生える)顔だけじゃなく ビキニラインはモチロン、IラインVラインなどのデリケートな範囲も安全が大事なことは言うまでもないでしょう

さらに白魚のような指にする為の指毛(ゆび毛)の処理、つまり指毛脱毛「手の甲(こう)も含む」小さな範囲の永久脱毛『わきの下に生えている腋毛(ワキ毛 わき毛)も永久脱毛をもっともしたい小さい脱毛範囲も当然含む』です。


医療レーザー脱毛がこれからの基本的な無駄毛脱毛をする基本的な方法となり定着していくと、大人だけでもなく 小学生くらいの小さな子供(こども)無駄毛(むだ毛)脱毛も手早く一瞬でするような時代になったとしたら


思春期に無駄毛で悩む子も毛深いことでいじめられる子もいなくなり、毛深くて悩むという女性の悩みが解決し、きっと今後もムダ毛脱毛の歴史をさらに発展していくも可能な王道の脱毛方法として担っていくことでしょう。


CmsAgentTemplate1001-1005 var1.007