わき毛を医療レーザー脱毛するとワキガが治る?


わき毛をレーザー脱毛するとワキガが治る?って聞いたけど?


まずワキガが原因はワキの皮下組織にあるアクポリン汗腺からの分泌液がわき毛を伝わり皮膚の表に出てきた時に皮膚上、空気中の雑菌細菌や汗や汚れなどとミックスされ臭いを発します。


医療レーザー脱毛する事でわき毛がなくなるので

へ穴(毛包)の中にあるわき毛を伝わり表皮上に出たり、またワキガ臭いがわき毛に染み込み長らく臭いを放たなくなるのでワキガの症状発臭がおさまるのです。


いくら剃ったりしてわき毛を自己処理していても 毛穴の中に潜むわき毛はあるので伝わります。
毛抜きなどで抜いたとしても、表皮上に出てくるまで毛穴の中ではわき毛はあるので通常のわき毛の処理では変わらないのですが、、

永久脱毛するとその軽減を感じる方はいます。


多少はアクポリン汗腺に医療レーザーで軽度のダメージを与えられている可能性または毛根部自体の破壊により分泌液が表皮上に出づらくなったことも考えられます。

ですがワキガの原因が直接的に治ったわけではないので完全にワキガを治すのには手術でアクポリン汗腺を完全に切除しなければならないのです。



医療レーザー脱毛を語る上では、医療レーザー脱毛の原理を知ることはがまずその第一歩です。また毛、体毛の毛周期を考えることでも医療レーザー脱毛の安全性を知る上でも重要である。


医療レーザー脱毛が脱毛の歴史を変えたともいえるゆえんは顔の脱毛など安全性が問われる脱毛箇所、


例えば生え際 眉下など ひげ(男性だけでなく女性もひげ(ヒゲ)は実は生える)顔だけじゃなく ビキニラインはモチロン、IラインVラインなどのデリケートな範囲も安全が大事なことは言うまでもないでしょう

さらに白魚のような指にする為の指毛(ゆび毛)の処理、つまり指毛脱毛「手の甲(こう)も含む」小さな範囲の永久脱毛『わきの下に生えている腋毛(ワキ毛 わき毛)も永久脱毛をもっともしたい小さい脱毛範囲も当然含む』です。


医療レーザー脱毛がこれからの基本的な無駄毛脱毛をする基本的な方法となり定着していくと、大人だけでもなく 小学生くらいの小さな子供(こども)無駄毛(むだ毛)脱毛も手早く一瞬でするような時代になったとしたら


思春期に無駄毛で悩む子も毛深いことでいじめられる子もいなくなり、毛深くて悩むという女性の悩みが解決し、きっと今後もムダ毛脱毛の歴史をさらに発展していくも可能な王道の脱毛方法として担っていくことでしょう。


CmsAgentTemplate1001-1005 var1.007